前へ
次へ

一般葬と家族葬にはどんな違いがあるのか

現在、葬儀の主流となっているのは一般葬と家族葬だと言えますが、具体的に何が違うのか分からないという方も少なくないでしょう。
一番大きな違いは何かというと、参列者の規模が違うということが挙げられます。
一般葬の場合は50名~100名以上と大規模になる傾向にありますが、家族葬の場合は数名~30名程度という小規模に収まるのが特徴です。
なぜ参列者の規模に違いが出てくるのかというと、一般葬では身内以外にも幅広く参列者を呼びますが、家族葬の場合は家族や親族などの身内に参列者を限定するからだと言えます。
そして一般葬と家族葬はそれぞれメリットも違います。
一般葬は、規模が大きいため豪華なお葬式に出来るというメリットがありますが、家族葬は、身内だけの集まりなのでアットホームな雰囲気でお葬式が出来るというメリットがあると言えるでしょう。
そして葬儀費用に関しても、一般葬の場合は豪華で規模が大きい分費用が高くなってしまいますが、家族葬の場合は規模が小さい分費用も安く済むという違いがあります。

Page Top