前へ
次へ

一日葬にはどんなメリットがあるのか

お葬式では通常、亡くなった晩に通夜式を行い、その翌日に告別式を行うため、日程は二日間必要になります。
しかし最近では、その二日間の日程を一日で済ませてしまうという一日葬と呼ばれる葬儀スタイルもあります。
一日葬は、通常行われる通夜式を省略して告別式だけを行うというスタイルであり、シンプルな葬儀の一つとして知られていると言えるでしょう。
メリットとしては、日程を短縮出来るため、体力面で二日間の日程をこなすのが難しいような、高齢者の遺族の負担を軽減できるということがまず挙げられます。
そして仕事などが忙しくて二日間も休めないという場合にも、一日葬は都合が良い葬儀スタイルだと言えるでしょう。
さらに一日葬は、日程を短縮する分費用を安く出来ることもメリットです。
葬儀本体にかかる費用は30万円程度で済むため、50万円が相場である家族葬よりも安く済ませることが出来ますし、通夜式を行わないため、その時の料理代である飲食接待費用もかかりません。

Page Top