前へ
次へ

現代のお葬式のスタイルを知っておこう

配偶者や両親、兄弟姉妹などの身内が亡くなると、深い悲しみの中でもお通夜や告別式などの葬儀の手配をしなければなりません。
60代、70代ぐらいの年齢になると、家族に経済的や精神的な負担を掛けたくない人が増えており、終活について真剣に考えている人が増えています。
一般葬は大変ポピュラーな葬儀のスタイルなので、根強い人気がありますが、現代は家族や親しい友人だけに参列してもらいたい人が増えています。
家族葬や一日葬を希望している人が多いので、地元で評価の高い専門業者のスタッフにアドバイスを受けると良いでしょう。
家族葬や一日葬は参列する人数が少ないので、費用を抑えたお葬式ができます。
斎場と火葬場が隣接している所を選ぶと、高齢者は移動の負担を減らすことができるので、幅広い年代の人が利用をしています。
一日葬はお通夜を行わないお葬式のスタイルですが、僧侶に丁寧な読経を受けたり、参列者や家族、親族に手厚い供養をしてもらえます。

Page Top