前へ
次へ

従来のお葬式である一般葬の特徴とは

近頃は、家族葬などの新しいスタイルのお葬式が増えていますが、従来の葬儀スタイルである一般葬の需要も根強いものがあると言えます。
一般葬は、身内以外にも友人や知人、そしてご近所の方や会社関係者など、幅広く参列者を呼ぶのが特徴であり、人数も大規模になる傾向があります。
実際の人数については、100人を超える場合もあると言えるでしょう。
メリットは、やはり豪華なお葬式が出来るということであり、できるだけ立派な式にして故人を送りたいという場合に向いていると言えます。
そして小規模スタイルの葬儀と違って、幅広く参列者を呼べるため、一度にお別れが出来るということも大きなメリットです。
ただし一般葬は規模が大きい分費用も高くなってしまうというデメリットもあります。
しかし参列者が多いと香典による収入も多くなるので、支出から香典収入を差し引くと、小規模スタイルの家族葬とあまり変わらない程度の費用になる場合もあると言えるでしょう。

Page Top