前へ
次へ

知り合いの人が亡くなっても葬儀に参列できない時代

男女ともに平均寿命に達する頃になると出歩かなくなると社会との接点が少なくなり、亡くなる直前には地域の人たちとの付き合いもすっかり減ってしまうようです。
また、最近は家族の暮らし方もすっかり変わり、高齢者の独居や夫婦だけの暮らしが多くなったため、日常生活に支障を来す前に老人ホームや介護施設に入居する高齢者も増えています。
一方で、子供の数が減ってきて親族の数が減少し、親戚づきあいも少なくなってきたため、葬儀の簡素化が急速に広がりつつあります。
近親者が亡くなっても自宅で葬儀をすることは殆どなくなりました。
都市圏では狭い住宅事情も影響しているようです。
一昔前まで、自宅で行う場合、玄関前に忌中の張り紙をして近所の人たちにお知らせしていましたが、この習慣は殆ど、見かけなくなりました。
昨今は殆どの葬儀作業を葬儀社の会場を利用して行う習慣が定着し、しかも、親族だけでこぢんまりと行う家族葬も増えてきたためでもあるようです。
従って、老人ホームや介護施設あるいは搬送された病院で看取られた遺体は自宅に短時間だけ安置されただけで葬祭場や火葬場へ送られてしまいます。
このため、喪主が自宅玄関前に忌中の張り紙をする必要もなくなったようです。
周囲の知り合いも亡くなりそうな容態には気を付けていないとお見送りさえできないこともあります。

オリジナルのメニューで理想のボディへ
ラクシアだからできるオリジナルメニューとは

渋谷で準備が楽な宴会・送別会・結婚式が開催可能な貸切スペース
会場はもちろん、料理の手配や無料・有料で利用できる様々な設備があるので準備に関する負担が少なくてすみます。

水没で壊れたスマホもお任せください

Page Top